2005年01月25日

Only 30 more days to go/とりあえずは…仮放免延長

*TBSの動画ニュース

昨日、残されたクルド人家族5人の仮放免が延長された。この仮放免の延長申請は1ヶ月ごととなっており、来月2月24日に再び行われる。しかし、入国管理局(法務省)に「日本では難民認定ができないので、次回の出頭時には拘束、強制送還を行う」と言い渡されてしまったようです。
つまり、実質的に残り1ヶ月以内に手を尽くさなければならないようです。

先日強制送還された2人はこの手続きの際に収容され、強制送還された経緯があり、昨日はそれを阻止する為、また入管への抗議の為に、3〜40人の支援者とマスコミも集まったようです。

*Refuee vs Immigration Authorities/偉大なる入管(この問題についてはこちらなどをご参照下さい。)

続き>>>
posted by o_chanclassics at 08:01| Comment(0) | TrackBack(3) | *Refugee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

Refugee vs Immigration Authorities/偉大なる入管


先日18日に強制送還されたクルド人難民の娘たちの写真です(彼女達に直接送ってもらいました)。こんなに可愛い彼女たちと弟、そしてお母さんは現在も日本に居ます。しかし彼女たちも1月24日(月)に仮放免期間が切れてしまうため品川の入国管理局に出頭しなければなりません…。

続き>>>
posted by o_chanclassics at 17:27| Comment(108) | TrackBack(26) | *Refugee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

Forced Repatriation of Refugees/クルド難民強制送還

Refugee

画像をクリックするとニュースが見れます。(TBS)

…ありえない。

続き>>>
posted by o_chanclassics at 03:48| Comment(3) | TrackBack(4) | *Refugee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

Kebab Party★/クルド家族

kebab

昨夜は埼玉のクルド人一家の自宅でシシケバブパーティーでした。

続き>>>
posted by o_chanclassics at 04:52| Comment(2) | TrackBack(0) | *Refugee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

study about REFUGEEs vol.2/難民について、弐

好評(?)の"study about REFUGEEs"。そのA

今日は「日本の難民政策」をテーマに勉強してみましょう。

それでは…

続き>>>
posted by o_chanclassics at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | *Refugee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

study about REFUGEEs vol.1/難民について、壱

僕はひょんなことから半年ほど前に難民の人と知り合いになりました。
それまでは、難民なんて遠い国の問題だとしか思っていませんでした。

でも一度意識してみると、日本にだって僕が直接知っているだけでも、クルド、アフガニスタン、イラン、ビルマ(ミャンマー)…多種多様な背景を持つたくさんの難民が来ています。しかし一言で難民といっても、本当に多くの国や地域から多様な民族や宗教的背景を持った様々な人々がいます。そして日本にいる難民(申請者なども含む)は少なからず(というか、ほとんど全ての人が)極めて辛い状況にいることを知りました。

現在は自分のできる範囲で全ての難民問題に対してではなく、友達に限定してちょっとしたお手伝いをしています。彼らは僕にとっては"難民"である前に、"友達"だから。
といっても、ほとんど一緒に遊んでいるだけですが。

そんな彼らのことをもっと詳しく知りたいと思ったので、今後何回かにわけて簡単だけど調べてみることにしました。

続き>>>
posted by o_chanclassics at 01:00| Comment(3) | TrackBack(0) | *Refugee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

tonarino.net のトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。